ローンが残っている車は売れる?

ローンが残っている車は売れる?

まだローンが残っているが、車の買い替えを検討しているという場合もあるでしょう。 ローンが残っている時、今乗っている車の車査定や車買取はしてもらえるのでしょうか。

通常、ローンを組んで車を購入した場合、支払いがきちんと終わるまで、その車はローン会社やディーラーが「所有者」となっています。 支払いがまだ終わってもいないのに勝手に売られてしまうことを避けるため、また、支払いが途中で滞ってしまわないようにするための保険(担保)として、一般的にはそのような形態を取ります。

ただし、車検証を見れば明らかなように、車には所有者と「使用者」の欄があります。 使用者は、普段その車を使っている人のことで、所有者とは別でも全く構わない仕組みとなっています。 ですから、車にいつも乗っているのは自分であり使用者であるが、ローン支払い中はその車はローン会社のものであるため所有者は異なる、という現実になっているのです。

このため、ローンが残っている車の売却は事実上は可能なのですが、つまりは自分のものではないモノを売ることになる訳ですから、自由にはできないことになります。 原則として、使用者が所有者と同じになるためには、ローンを全て払い終えなければなりません。 ローンを完済して、ローン会社などが所有者の変更手続きをして初めて、自分の好きなように売ったり処分したりすることができるのです。

では、ローンが残っていれば絶対に車の買い替えはできないのかと言えば、決してそうでもありません。 次の車を購入する際に、残っているローンを一旦全部支払う形にして、その分を次の車のローンと一緒にしてしまうことで、所有者の変更手続きを今のローン会社に依頼することができます。

あるいは、中古車買取業者に買い取ってもらい、そのお金で次の車を買うつもりである場合、車査定の結果残っているローンよりも査定額が高額であれば、差額を受け取った上で、所有者の変更の手続きを進めることが可能です。 そのような手続きは、例えば、今の車を買い取ってもらうために車査定を依頼した中古車買取業者が代行してくれることもありますので、本人が煩わしい思いをすることは無いでしょう。